• saygo

スマホカメラと一眼レフカメラの実力差


こんにちは。僕のブログに来て頂き、ありがとうございます。今回も僕、Saygoのブログを最後まで読んでいただければ嬉しく想います。

最近のスマホのカメラの実力には目を見張るものがあります。そして本当に綺麗に写真が撮れます。『ハッ!』とする写真が撮れることも多くあります。

  • これなら一眼レフ要らないんじゃない

そんな声も聞こえてきます、が、ちょっと待ってください。いくら綺麗な写真が撮れるといってもスマホと一眼レフを比べた場合、写真の質は全然違います。圧倒的に一眼レフで撮った写真の方が綺麗です。そして画質も全く別物なくらいの差があります。



どうして、圧倒的に一眼レフで撮った写真の方が綺麗なのか。

どうして、画質に大きな差が出るのか。



今回は “なぜ” スマホと一眼レフの写真は画質が違うのかを『簡単』に、でも『解りやすく』書いていきます。






ただ、本題に入る前にちょっと説明させてください。


多く勘違いされていることで『画素数が高ければ高画質』というのは間違いです。噛み砕いた説明をすると、画素数はどのくらい写真を拡大できるかを表した数字です。写真の大きさを表したようなもので画質とは違います。


そして画素数に適した大きさで見ないと、その画素数本来の画質を楽しむことは出来ません。この『適した大きさ』ということを覚えておいてください。



ここから本題に入りますね。


どういったカメラにも一眼レフやスマホに関係なく画像センサー(撮像素子)というセンサーが入っています。これは、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品です。高画質な写真というのはこの、画像センサーのサイズとレンズの大きさによって決まってきます。


皆さん知っての通り、一眼レフカメラはレンズは交換できますが、画像センサーは交換できません。そのため、画像センサーのサイズは、カメラの選択/購入といった際のとても重要なポイントになります。





実際のセンサーサイズ

実際の画像センサーのサイズを図にして見ました。


今回、一番小さいのをiPhoneで表しましたが、そのサイズは1/3.2型。最近では、Androidスマホも含め、一般的なコンデジのサイズに近づいてきていますが、それでも高性能のコンデジまでとはなりません。


こうして図にして見ることで、とてもよく解ると想います。高性能のコンデジでも一眼レフと比べるとその違いは大きいことが解ります。


この違いを解りやすく説明する例として【絵】が多く用いられます。


大きいキャンパスには細かい部分まで丁寧に描けるけど、小さいキャンパスには大まかにしか絵が描けないですよね。このことをイメージしてもらうと、センサーサイズの大切さや違いが解りやすくなると想います。


先の「適した大きさ」ですが、この違いが解るとスマホで撮った写真がいくら綺麗だからといって、大きなサイズのモニターで見ると荒くなる理由も理解できますよね。




夜景に強い

センサーサイズの大きさで一番差が大きく出るのが、暗い場所や夜景での撮影です。これは、圧倒的に差が出ます。スマホのカメラは日中でも綺麗な画質を実現してくれます。しかし屋内や夜景といった暗い場所/時間帯になると、その能力は一気に低下します。


光量が十分な日中や明るい場所では、小さいセンサーでも十分に光の情報(光量)を集めることが可能ですが、夜間や暗い場所では光の情報はわずかな存在となり、小さいセンサーで集められる情報に限りが出てきます。


しかし大きなセンサーであれば、光量を多く集めることができるため、夜景などの弱い光でも綺麗に写すことができます。


スマホではただの暗い空、コンデジでは、頑張ってもノイズが目立ってしまう写真になってしまいますが、画像センサーが大きい一眼レフカメラでは夜景、そして天候や周りの状況にもよりますが星空も綺麗に撮ることが出来ます。




階調が豊か

光の情報が多いということは、暗い場所や夜景といったことに限らず、明るい場所/時間帯でも同じように光の情報を多く集められるということになり、その結果として環境に影響することなく、階調が豊かな写真を撮れるといったことにもなります。


この階調豊か、ということが結果として画質が良い=高画質、といったことになります。




レンズ交換が出来る

ここまでカメラ本体のことを書いてきましたが、実はカメラ本体よりも大事なのがレンズです。


はっきり言って綺麗な写真を撮りたい場合、画像センサーサイズと同じくらいか、それ以上にレンズの選択に気を配ることをオススメします。スマホにも、取り付け可能な交換レンズキットなるものはありますが正直、一眼レフの交換レンズには太刀打ち出来ません。比べるのがおこがましいと言っても過言ではありません。


交換レンズの魅力は、撮影したいシーンを適したレンズで想いのまま撮影出来ることです。


例を上げると、スマホのカメラにもズーム機能のようなものもありますが、スマホのズーム機能は単純に写真を拡大しているだけです。だから画質が悪化します。しかし一眼レフカメラに望遠レンズを付けた場合。この望遠レンズはとても遠くの被写体にもピントが合うように造られているため、遠くの被写体を大きく撮ることが出来ます。スマホでは絶対に写すことができない写真を撮ることができます。


観ている景色を自分の好きな画角で、そして、感じているように撮ることが出来るのが、交換レンズの大きな魅力の一つです。

交換レンズは大きく分けて6種類ありますが、こちらは別記事でそれぞれ書いています。


マクロレンズ編

標準ズームレンズ編

広角ズームレンズ編

望遠ズームレンズ編

魚眼(フィッシュアイ)レンズ編

単焦点レンズ編





まとめ

ここまで読んで頂ければ、なぜスマホで撮る写真と一眼レフカメラで撮る写真に大きな差や違いが出るのかが、解ると想います。


一眼レフカメラで撮った写真は、大きくプリントアウトして額に入れたり、フォトブックにして楽しむことに適しています。


スマホで撮った写真は、SNS(インスタグラムやフェイスブック等)やブログなどの記録/備忘録として、友達と共有したりして楽しむことに適しています。




これからの皆さんの写真ライフに、少しでも参考になれば嬉しく想います。最後までお読みくださり、ありがとうございます!

#スマホ撮影 #スマホカメラ #一眼レフカメラ #実力 #写真の質 #画質 #画素数 #高画質


(投稿2019年2月5日/加筆2019年12月3日)

0回の閲覧

© 2015-2020 by All right reserved. Design by HS広告スタジオ