• saygo

圧巻なシダレザクラを撮影|桃の花も綺麗な、奈良県宇陀市の又兵衛桜

3年振りに奈良県宇陀市にあるシダレザクラを撮影に行ってきました。


このシダレザクラ、

  • 樹 齢 約300年

  • 幹周り 約3m

  • 高 さ 約13m

と、見るたびに圧倒される大樹。そして、瀧桜とも呼ばれていて奈良県の保護樹となっています。


さらに、戦国武将の後藤又兵衛が大阪の陣の後、この地へ落ちのび、僧侶として一生を終えたという伝説が残っています。このシダレザクラがある地も、後藤家の屋敷跡にあることから「又兵衛桜」と多くの方から呼ばれ、親しまれています。


今回、雲ひとつない天候にも恵まれ、行った時間もお昼時だったため、又兵衛桜と光芒をしっかりと同じフレームに入れて撮ることができました。



 

さらに、コロナ禍が影響してか見物客が例年よりも少なく、車の交通量も多くなかったので少し欲張って車で40分弱のところにある橿原神宮へ。


こちらも雲ひとつない晴天。そんな恵まれた天候の中、早くコロナ禍が落ち着くこと、そして戦争が早く終わることを祈念。



 

帰り道、実は迷ったんですね。。。

でも、怪我の功名というか、道に迷って正解(?!!)と思える光景に出会えました。


着いてすぐはあまりに綺麗で場所を正確に確認しなかったのですが、帰宅して確認すると、桜並木と菜の花のコラボレーションの綺麗さで有名な場所のようです。その場所はこちら


藤原宮跡



 

又兵衛桜は桜の撮影スポットとして有名です。綺麗で見る人の心を鷲掴みにする光景も理由にありますが、その地に行くまでの山間の風景や、日本の原風景が楽しめる道程にも、行く理由があるかと感じています。心が癒されます。


これからも行く先々で撮影した写真を紹介していきますね。


今回も最後まで読んでいただき、見ていただき、ありがとうございます!

閲覧数:26回