top of page
new-sign.png
  • 執筆者の写真saygo

旅する写真家が山歩きを再開


今年の10月から約6年振りに登山を再開しました。

登山、と言ってもまだまだトレッキングに近い感覚。なにせ6年振りとなるため、登ったり降ったりする筋肉がガクンっ、と落ちています。その登り降りの筋肉を付け直す意味で歩いています。


「なぜ山を登るの?歩くの?」


と聞かれますが正直、自分でも分かりません 笑


登っている時の自分でも「しんどいな〜、辛いな〜」と思う時の方が多いですが、時折見える眺望や山の中の雄大な自然を見ると、心が癒されて元気さが漲ってくる感覚が味わることは魅力の一つだと感じています。

さらに、山頂から見る眺望の盛観さ、地球規模の壮大さは歩いた者だけが見れる景色であり、生で見ないと味わえない醍醐味です。


この12月は鈴鹿山脈を形成している一つ、入道ヶ岳に行ってきました。山頂には椿神大社の奥院があり、参拝できます。静かな中、キラキラした空気感がある気持ちの良い場所です。


来年は東海三県を中心に色んな山を歩いて、皆さんに紹介したいと計画しています。


スマホ写真となりますが、入道ヶ岳の景色を紹介しますね。山頂付近からはまさにキラキラした景色が楽しめましたよ♪



【入道ヶ岳の情報】

 ・アクセス/東名阪自動車道鈴鹿インターより約10分

 ・公式ホームページ/ https://tsubaki.or.jp/

 ・登山道案内(YAMAP)/ https://yamap.com/mountains/2220


山頂の大鳥居を振り返った時に見えた、七色の光線




今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

閲覧数:19回
bottom of page